気ままにガーデニングとwebサイト

気ままにガーデニング-flower-

おしゃれなベランダ家庭菜園のプランター紹介おしゃれなベランダ家庭菜園のプランター紹介

, ,

ベランダ家庭菜園


Eight
ベランダ家庭菜園を始めて4年目になります。
家庭菜園始める時に、楽しむために道具は、おしゃれなものを使って楽しみたい!ちなみに僕は、外見から入って気持ちを高めるタイプです。

家庭菜園を楽しみたいので、育てる楽しさ、自分好みのおしゃれな道具を揃えて、さらに楽しくなります!!!


 

自分が使用しているベランダ家庭菜園グッズ

タカショー(Takasho) フェルトプランター

タカショー(Takasho) フェルトプランター

金額 ¥4,620
サイズ 奥行き × 幅 × 高さ 51x99x25cm
株の植られる数 例)サニーレタス植えた場合、6~7株
※目安です。
商品情報
タカショー(Takasho) フェルトプランター スクエア ライムグリーン
※黒色は販売終了でライムグリーン色のみ販売しております。


ローズオベリスク ブラック

ローズオベリスク ブラック 25×170cm

金額 ¥2,360
サイズ 幅25×高さ170cm
※サイズパターン幅40×180cm,幅25×210cm
商品情報
ローズオベリスク ブラック 25×170cm


まずプランターを選ぶときに必要なこと


ベランダに適した大きさを選ぶ

タカショー(Takasho) フェルトプランター


タカショー(Takasho) フェルトプランターは、奥行き × 幅 × 高さ 51 x 99 x 25 cm

僕の家のベランダの奥行きが約60cmくらいです。
上記の写真のようにベランダにすっぽり縦に入ります。

タカショー(Takasho) フェルトプランターは深さは25cmあるので、いろんな野菜が育てられます。

春に、ラディッシュをする予定ですが深さは問題なく育てられそうです。


自分がプランターで育てたもの

  • ナス、レタス、ブロッコリー
  • シュンギク、カツオ菜、サンチュ
  • 水菜、バジル、スナップエンドウ


プラチックプランターとフェルトプランターの違い


プランター家庭菜園

初心者におすすめなのが「プラスチック製」の一般的な家庭菜園グッズだと思います。

プラスチック製

性能 軽くて持ち運びやすい。
金額 100均やホームセンターなどで低価格で購入できます。
見栄え 様々な形があるので用途に合わせることができます。

僕が思うデメリット

性能と持ちが良いですが、同じようなデザインで見た目で楽しめない感じがします。


小さいプランターは、土が多く入れられないので、保水性が保てないイメージ

直射日光に当たると色落ちや、ひび割れが起きやすい。



フェルトプランターがおすすめ


性能 サイズは、一般的なベランダに広さでも邪魔にならずに置くことが可能です。
性能 軽くて持ち運びやすい。
金額 ¥4,620
見栄え
タカショー(Takasho) フェルトプランター スクエア ライムグリーン
フェルト生地なのでおしゃれです。
※黒色は販売終了でライムグリーン色のみ販売しております。

 

1つにまとめて、野菜を植えることができるので管理がしやすい。

プランターと違って土の量が多く入るので、保水性に優れていて、水やりは毎日与えなくても大丈夫です!

ベランダですが、畑で植えているような感覚で楽しめます!


根腐れについてですが、当初は、下に鉢底石を敷いて、土をかけてましたが、毎年、土を耕す時に段々と混ざり合ってしまうので、鉢底石が下に無いからと言っても、水あけや根腐れで困ったことがありせん。



僕が思うデメリット

性能は申し分ないですが、年々フェルトプランター(5年目)の外側を止めている鉄枠が錆びてきています。

水に当たるのでどうしても劣化しています。


ですが、さび止めをしたら持ちも良くなると思いますし5年も持っているので、 十分楽しめています。

使用できなくなって捨てる場合はフェルト生地なので捨てやすいです!


家庭菜園に最適なフェルトプランターで、早速お好きな野菜を育ててみましょう。



家庭菜園に必須の支柱


トマトやナス、キュウリ、メロンの空中菜園、スナップエンドウつる性の野菜などに必須の支柱のおすすめを紹介します。


竹のプラスチック支柱

竹のプラスチック支柱


一般的な家庭菜園で使用されているタイプの支柱です。

つる性の野菜が巻きやすいように、引っ掛かりやすいイボ竹タイプがおすすめです。


性能 軽さと用途に太さ、長さが調整できるのできます。
金額 100均やホームセンターなどで低価格で購入できます。
見栄え 一般的に緑色の支柱が多く出回ってます。


僕が思うデメリット

性能は申し分ないですが、支柱は同じような色や、形のデザインなので、見栄えが寂しいです。

性能>見栄え

ですが、ベランダ家庭菜園は、育てる楽しさ、見栄えのおしゃれさでも楽しみたいので、可能な限り『性能=見栄え』のWinWinな商品を求めています。



オベリスク


バラ用のを購入しましたが、家庭菜園ようの支柱替わりで購入しました。

見た目はおしゃれでサイズの用途もあるのと、素材もしっかりした支柱です。


オベリスク


性能 用途に合わせたサイズがあります。
金額 ローズオベリスク ブラック 25×170cm 2360円
見栄え
ローズオベリスク ブラック 25×170cm
ローズ用ですが、スナップエンドウ用で使用しています。
ブラックでおしゃれです。


ビニール素材でなく、重みのある金属をビニール素材でコーティングしているもので、安っぽくありません。

組み立ても簡単で、フェルトプランター内に挿すだけで使用できます。

もちろんプラチックのプランターでも使用可能です。


不安な点は、消耗品なので仕方がないですが、錆びやすいか心配です。

竹のプラスチック支柱のように組み合わせで形を変更できない。



最後に


家庭菜園

僕は、ベランダ家庭菜園に求めているのは、野菜を育てる楽しさ、成長している実感

家庭菜園グッズの見栄えのおしゃれさで外見も楽しむ

この二つがないと続かないと思います。


家庭菜園グッズは、性能=見栄えでWinWinな関係性があるグッズを求めています!!


関連の記事はこちら

  
   

【初心者向け】簡単に育てられる冬のベランダ家庭菜園7選い。

2020.12.24

    

【初心者向け】簡単に育てられる冬のベランダ家庭菜園7選い。

家のベランダという限られたスペースを上手に利用して、ちょっとおしゃれにフェルトプランターを使用して簡単で楽しく家庭菜園をしています。

CLOSE