気ままにガーデニングとwebサイト

気ままにガーデニング-flower-

All in one SEOにアナリティクスGA4ではなくUAを登録する方法を解説All in one SEOにアナリティクスGA4ではなくUAを登録する方法を解説

web

,

All in one SEOにアナリティクスG4ではなくUAを登録する方法を解説

Eight

アクセス解析、キーワードチェックなどで必要なアナリティクス、サーチコンソール登録方法と all in oneSEOにアナリティクスを設定する方法を解説します。

アナリティクスは、バージョンアップしてデフォルトはGA4の設定になりますが、今回は以前のユニバーサルアナリティクス(UA)バージョンでall in one SEOに設定します。

ちなみにアナリティクスは、GA4,UAどっちも作成することができます。 どっちが良いのかというと、正直どっちでもいいですが、UAバージョンに慣れている分、UAバージョンにしたい方向けの解説になっています!


アナリティクスの登録方法を解説


STEP

アカウント設定

登録するgmailアカウントでアナリティクスにログインします。
アカウント名を設定します。※分かりやすくサイト名にしました。

STEP

プロパティ設定

gmailアカウントでアナリティクスにログインします。
プロパティを設定して、国名を日本に切り替えましょう。
※こちらも分かりやすくサイト名にしました。

STEP

ユニバーサルアナリティクス(UA)プロパティの作成

詳細オプションをクリックするとGoogleアナリティクス4(GA4)とユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを両方作成できます。
登録するサイトURLを設定しましょう。

STEP

ビジネスの概要

サイトに当てはまるものに、チェックしましょう。利用規約にチェック!

STEP

ウェブストリームの詳細

設定が完了後にGA4の画面になりますので、一旦×を押してアナリティクスのアカウント設定画面に戻りましょう。
UAとGA4のアナリティクスが設定されているのが分かります。

STEP

UAのアナリティクスを選択

①設定➡②プロパティ➡③トラッキングコードの手順で進んでいきます。

STEP

グローバルサイトタグをコピー

トラッキングコード内のグローバルサイトタグのコード全てコピーします。

All in one Seoに設定解説

プラグインから新規追加をして有効化にしましょう。


All in one Seo内にコードを設定

一般設定➡ウェブマスタ―ツール雑多の検証にUAのトラッキングコードをペーストします。
自動でhead内に設定できる仕様になっています。


All in one Seo内ではなく、サイトに直接設定

稀にですが、雑多の検証に設定して、アナリティクスが動かない場合があります。
その場合、All in one Seo内ではなく、サイトに直接設定する方法があります。

外観➡header.php➡headタグの下にペーストします。

注意点

テーマの仕様によって一部異なる可能性があります。
グーグルで検索したら、使用しているテーマ情報が見るかると思います。
共通なのは、開始のheadタグを探して設定をしましょう。


アナリティクスを設定したら確認すること

設定したら必ず設定されているのかチェックが重要です。
設定したけど計測できてなかったら意味がないですね。

まずは、自分のサイト開いておきます。

アナリティクスからリアルタイム➡概要でリアルタイムの検索数が1になっているのかを確認する。
しっかりとカウントされていれば問題なく動いています。


アナリティクスでPV数を確認

まずは、最低限、アナリティクスでPV数を確認できるようになりましょう。

ページビュー数の確認方法

行動➡サイトコンテンツ➡全てのページでページビュー数が確認できます。
沢山の見方がありますが、期間の設定して、月毎の比較確認もできたりします。


サーチコンソール登録方法

  • サーチコンソールにログインURL:https://search.google.com/
  • アナリティクスと同じgmailアドレスを使用する
STEP
URLプレフィックスに設定


URLプレフィックスに対象のURLを入力します。

STEP
承認が完了画面


所有権を自動確認したら完了です!

STEP
サーチコンソールの画面

サーチコンソールよく使うの項目

検索パフォーマンスで検索されたキーワードの確認ができます。
グーグルにページをインデックスしてもらうように、サイトマップを更新する時に使います。

まとめ

Google Analyticsを手軽に活用するには、無料のMonsterInsightsプラグインがあります。
ただし、プラグイン設定することで管理画面で確認できますが、その分サイトが重くなる可能性があります。
最低限、ご自身でアナリティクスを設定することをおすすめします。

CLOSE